雨テスト

今日は、芦屋在住の元生徒さんに、芦屋校を見てもらい、久しぶりにお話できました。
今は、講師業でご活躍されているとの事で、卒業生が活躍するのは、嬉しい事です!

HEARTSって、なんだろ。教育関係者って 何気に多い気がする…。

芦屋っ子からも、この場所はほんとにいい場所! と言ってもらえて、物件としては良かったんだろうと一安心。
色々芦屋事情もお伺いできました。

 

今日芦屋校へ行ったのは、元生徒さんと待ち合わせしていたのもありますが、もう1つ用事がありました。
それは、雨での運転テストです。

電車通勤は、電車が大の苦手な私には、緊急時用として、日常はやはり、車かバイク。
車でもいいんだけど、月極で借りる場所もないし、借りられたとしても、3万~と、かなりお高め。

なので、時々車。 ベースはバイク という方針に決定した訳です。
最もコストパフォーマンスが高いというのもあるし、最も早いくて、楽 というのが大きい。

しかし、晴れた日に乗るのと、雨の日に乗るのとでは、走り方が違います。

それは、 水面を走る事になるので、タイヤのグリップ力が極端に落ちるという事と同時に
急な冠水ポイントに突っ込むと、急ブレーキをかけたくらいな抵抗が発生します。

それは、実際に雨が降って、道のどの部位にそれが発生するのかを暗記しなくてはならないという事です。

例えば、171号線の伊丹のとある場所では、見えないけれど、雨が降ると、左側だけに冠水ポイントが発生します。
晴れた日には絶対にわからないけれど、その気持ちで突っ込んでいけば、片方のタイヤだけ一気に抵抗がかかり、ハンドルが思いっきりもっていかれます。

スピードがついている状態だと、そのまま 壁に突っ込んでしまう場合もあるかもしれません。

こういうのは公道バトル…。いや、一般の公道で走行する場合には頭に入れておかないと危険なポイントになる訳です。

梅田勤務の時、御堂筋線の 必要な 道路&路肩の路面状況は、全て頭にいれてました。
晴れの場合のライン。 雨でバト  少しお急ぎ気味に走る必要があるときも…。
ゆえに、大渋滞を起こす、通勤ラッシュ時も快適に安全に走れた訳です。

 

また、タイヤのグリップ力が極端に落ちる事で、交差点が 青 になったからと、晴れの日の様にアクセルを開けると、リアタイヤが空転してタイムロスを生んでしまいます。

なので、雨の日のスタート時には、やや後ろ側に座って、リアタイやにトラクションをかける(リアタイヤ側に体重を移す)という事で、少しでも空転を抑えるという事が必要となってくるなど、雨には雨の走り方が必要となります。

当然、急ブレーキなんてもってのほか。
車だったら、滑ったところで、滑った… で終わりますが、バイクの場合は、リアタイやが滑るのは良しとしても、フロントタイヤが滑ったら一貫の終わりです。

つまり、医療費含め 10万位は飛ぶという事になります。

それはコストパフォーマンスに割が合いません。
どれくらいの安全マージンを残して走るべきか…。 それを身体で知るための 雨テストでした。

先日購入した、ワークマンのカッパのおかげで、一切濡れる事もなく。無事に帰ってこれました。

 

3輪バイクなら安全か…

いや、 駐輪所に止めさせてもらわれへんし…。( ゚д゚ )

 

 

今の私のスクーターも、ただの通勤スクーターなのに、一応 サーキットでも使えるレベルのタイヤを履いてはいます。

さらに雨に強い  MICHELIN CITY GRIP(シティ グリップ)に履き替えるか・・・・

何をどうしたところで、多少の改善はあっても、

やっぱり安全運転が一番コスパ高い!!

という事です。

 

生徒さんもバイクで来られる方いらっしゃいますが、何分安全運転で気を付けてお越しくださいね。