時代の変化に柔軟に

日々の生活の日常。
心地よい様にまわりの環境を整えていきますが、一定の所まで行くと、ルーティーンを繰り返して、日常として馴染んでいきます。

人は変化の無い日常には苦痛を感じますが、極力変化が無い様に行動します。
その方が、心理的負担が少ないからですね。

惰性で考えないでね!

HEARTS教室内でたまに出てくるこの言葉は。色々なアプローチから問題を見つめてね… という事を説明する時にいうのですが、かくいう私も、惰性に陥ります。
ですから、たまに違う環境にあえて行っては、柔軟に考えられるように。自分と関係の無い業界の事でも、考えを巡らし、思考を錆びつかせないようにしています。

私の元にやってくる問題の案件は、パソコンの使い方がわからない…という事だけでなく、人事・分析・戦略・・・・と色々な多岐にわたります。
例えば、デザイン1つとっても、好きなものだけを作れば良いというものでもないので、好きでないジャンルも学ぶ必要があります。

例えば、音楽でいえば、クラシックが好きだからとクラシックだけを聞いていては頭が固くなります。
ダンスミュージックも ヘビメタも 体が覚えるまで聞いて、その神髄を触れて、ようやく考えられる様になります。

 

時代は常に変化しています。
盲目的に慣例にしたがうというのは、非常に危険です。

でも、残念ながら、人間、年を重ねると 変化を特に恐れます。

子どもの時は 失敗しても そのリスクを取るという事があまりないですが、大人になるとそのリスクを取る事になるからという理由とは別に、純粋にめんどくさい。 失敗して恥をかきたくない。というリスク以外の要因が大きいです。

変化し続けないといけないと、固定していては非常にリスクがあるという事は色々な場面にあります。

 

今日はちょっと違うアプローチで考えてみましょう。

間もなく、PS5(プレイステーション5)が発売されます。価格は9万円程との噂も。

プレイステーションは家庭用ゲーム機であり、Windows機よりも圧倒的に高性能な機器です。

プレイステーション(以下PS)は、初期型のものは、1994年12月3日 に発売されました。
ゲームで遊ばれた生徒さんも多いんじゃないでしょうか?

もう25年前 四半世紀も前という事になります。

この25年で デジタル機器は、演算速度は爆発的に向上し、もはや現実世界と変わらないまでに瞬発的に表現できるようになりました。

今の段階でも、現実と非現実の違いすら分からないくらいです。それはゲームというエリアだけでなく、ビジネス・仕事の在り方、人の生き方・・・・あらゆる所に波及するまでに至っています。

 

例えば、この写真。 どこの街かわかりますか?

 

存在しません。 すべてCGだからです。

皆さんが毎日見る、夢の世界よりリアルでしょう?

夢の映像ですら、夢と気づきにくい。人間の認識力とはその程度のものなのです。

 

では、この子はどうでしょうか?
これは、アニメ的な出力だから、あっCGだなってわかりますよね。
それでも、普通に接してきたら、もはやそれがCGなのか、リアルなのかの違いというのは問題なくなってきます。

皆さんが、夢の中の誰かと話しているのと同じ様に。

 

では、この子はどうでしょうか?

実物ですか? それともCG?
こちらも、CG 『Saya』と名前もあります。

Docomo のインフォメーションに出てきたりしてました。
CGってわかりましたか?

 

これに加えて、 Microsoftが AIの女子高生 『りんな』を公開しています。
普通にやりとりできます。
言葉の返しがなかなか面白いです。 さすがAIですね。

 

現段階で、ここまでの演算能力が上がってきている今、 芸能人ももはや人間である必要すらなくなってきます。
一般的な、仕事の受付、電話対応 は当たり前に。

芸能人が今話題の 闇営業などで、スケジュール変更を余技なくされるリスクもありませんし。
恋愛禁止とか、そんな人間的な事にリスクを負うくらいなら、事務所としては 出演料もかからない CG を使った方が NGの仕事もありませんし。
いいですよね。

 

デジタルの演算処理スピードが上がるという事は、こうした業界に関係なく、いろいろな世界に波及していきます。

そんな時代に、盲目的に 指示された事しか仕事ができない。
昔を懐かしがって、過去にしがみつこうとする…

というのは、非常にリスクの高い道を歩いている事になります。

 

なので、これから人に求められるスキルというのは、変化できる柔軟さ。

今の隠れた問題を定義して、変化を提案していける人材です。

とはいえ、今に始まった訳でもなく、昔からずっとなんですけれどね。

坂本竜馬も 所説あるでしょうが、変化を取った人間です。どんな時代でも、その時々の時世に対応して柔軟に動けたからこそ、生き残っていけるわけです。

 

それが分かってるだけに、私自身もまた変化し続けないと、と思う日々です。

身体は勝手に年とって行きますけど( ゚д゚ )

これは止めたい変化(笑)

 

何か大きく変えようとすると、大変ですが、今までしなかった事を少しやってみる。
その積み重ねが大切です。

 

100万円を持っているだけじゃ、どんどんお金の価値は目減りしていきます。
使ってなくても、物価の上昇で価値は目減りしますよね。
何かに変化させなければ。

じゃぁ、定期預金にいれる…。 ギリギリの所で損はしないかもしれません。
でも、それも微妙な変化です。

投資信託に託す。 アップダウンはあるかもしれませんが、アップすれば少なくとも
物価上昇率を軽く上回ります。

金に換金する。
デフレに入る前なら、それもリスクを抑える方法として有効です。

この様に、価値観・貨幣価値…。 様々なモノが 時代とともに変化しています。
時代の波に飲み込まれないで、サーフィンするぐらい、波に乗る位、変化を楽しめるようになってもらえたらいいなと思いました。