子どもにスマホデビュー
今や小学生でも普通にスマートフォンを持たせる時代になりました。
明確な目的があれば、多分迷う事も少ないと思います。
しかし、周りの友達が持ち始めているのを尻目に、自分の子が『自分もスマホが欲しい!』と言ってきた時。
持たせるべきなのか…まだ早い…もうそろそろ…。
色々と親御さんの心配事もあると思います。子どもを持つ親の悩みの1つに、どのタイミングで子どもにスマホを持たせるか・・・という事があると思います。
PCもスマホも情報化ネットワークにアクセスする道具の1つです。スマホを子どもに持たせると色々危険・・・というイメージがどうしてもありますし、ネットワーク内で直接相手に言わないから、ある意味無垢な子どもは簡単に人に誹謗中傷をしてしまう。
そこまででなくとも、言葉足らずで、相手を傷つけてしまう事が多々あります。使いこなせれば便利。
それはどの道具もそうです。包丁も使い方1つで美しい創造料理も作れますが、1つ間違えれば人を殺してしまいます。
でも、だからと言って、包丁を触らせないのとは違いますよね。危険だからこそ、最初にしっかり教えるはずです。
包丁と違い、PCやスマホ等 は 使い方だけでなく、SNSなどを通して情報を発信する・コミュニケーションを取るという別の 技術が必要となります。ですが、どちらかというとスマホの操作だけに注目が行きがちです。
又は、新しいアプリとか、その機能がどうとかですね・・・。
ですから、お子さんにスマホを持たせる前に包丁と同じ様に親御さんが、めんどくさがらずにちゃんと教えてあげる必要があります。
初めて包丁を持たせる子どもを放置して、触っとき~とは言わないですよね。
スマホは包丁の様に、とがっている訳でもありませんし、直接 切り込む事はできませんが、スマホは間接的に人を傷付けることも、それをさらに助長させて自殺に追い込む事もできる機械です。
親子でスマホについて教えるのに、簡単でもガイドラインがあると方向性が分かりやすいと思います。
そのガイドライン代わりに、参考になるのが、ベネッセが最近出した、 『初めてのスマホ安心ガイド』というのが無料で配布されていました。今もPDFでダウンロードしてみることができますので、お家で教える時の参考資料に使ってもらったらと思います。
■初めてのスマホ 安心ガイドブック